平成25年度の行政書士試験を合格するための、暑い季節の乗り切り方とは。

平成25年度の行政書士試験を合格するための、暑い季節の乗り切り方とは。

こんばんは。 行政書士の石井浩一です。 連日、暑い日が続きますね。 東京では日中、25℃まで気温が上がるため、 半そでで過ごすことが多くなってきました。 私は仕事をしていても暑さに耐えきれないため、 今週は冷房を入れて、アイスを食べながら仕事を していたりします。 最近は、行政書士試験の受験生からいただくメールにも、 「暑くなってきたので勉強が大変です」 「汗だくで集中力が続きません」 という内容が増えてきました。 ただ、これは間違った勉強方法であると言わざるを得ません。 受験生に頑張ってほしいのは、 「行政書士の試験勉強」であり、 「暑さに耐えること」ではないからです。 「暑いならば、涼しくして勉強をすればよい」。 それだけの話なのです。 震災の影響で節電が叫ばれるようになりましたが、 節電が求められるのは、電力のピーク時の話であり、 それ以外のときは関係ありません。 今日、電気を使わなければ、その分、 8月に使える量が増えるのならば、節電する必要もあるでしょうが、 今日我慢したところで、何も変わらないのです。 節電に協力するのは、電力会社から 「今日は電力の需要が多く見込まれるので、 節電をお願いします」といった案内が来てからで十分です。 そのときは、図書館やファミレスなど皆が集まる施設で 勉強するようにしましょう。 繰り返しになりますが、あなたが今頑張るべきことは、 「行政書士の試験勉強」であり、 「暑さに耐えること」ではありませんよ。 わざわざ余計な負担を背負って勉強することは、 合格する上で、大きなハンデとなることを理解しましょう。

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME