「必ず」今年の合格を目指してください。

「必ず」今年の合格を目指してください。

こんにちは。 行政書士の坂庭です。 ようやく梅雨らしくなってきましたね。 この時期になると毎年、「今年の合格は無理だろうから、 来年の合格を目指そう」という受験生が出てきます。 まさか、あなたは違いますよね? 「もう、残り130日しかないから無理」 「今から勉強するなら来年の合格を目指そう」 という受験生に、必ずアドバイスしていることが あります。それは、 「今からでも今年の合格を目指してください」 ということです。 なぜなら、今からでも合格は不可能ではないですし、 実際に、私たちのご提供しているマニュアルを活用した 方の中には、夏以降からスタートして一発合格 している受験生もいるからです。 夏以降ですよ。 むしろ、「来年」と思っている受験生で「来年」 受かった試しがありません。 今年出来ない勉強は来年も出来ません。 「来年受かればいい」 「いつか受かりたい」 と思っているうちは永遠に受からないと 思ってください。 「いつか痩せたい」みたいなものです。 「いつか痩せたい」と思っている人で 痩せた人って見たことありませんよね? さて。 面白いエピソードをご紹介します。 地元で司法書士事務所に勤めている女性と 最近、私が知り合いまして。 その女性をKさんとしましょう。 まだ、司法書士の資格も持っていません。 唯一、宅建は以前、取得したそうですが。 Kさん:「事務所にはまだ、行政書士の資格を持っている 人間がいないんです。 叔母も不動産業をやっているので私が行政書士を取れば、 そこからビジネスチャンスが生まれるはずです! だから、私も坂庭先生のマニュアルで合格して、 行政書士になります!!」 坂庭:「へー。で、いつから勉強するの?」 Kさん:「う・・・。えーっと、7月か8月くらいから スタートして、来年の合格を目指そうと思っています・・・。 坂庭:「どうして今年じゃなくて、来年なの? 今からでも、今年の合格に間に合うから、すぐにでも 今年の合格を目指して勉強した方がいいと思うよ」 Kさん:「はい・・・。えーっと。でも、今年は 他にもやるべきことが、たくさんありまして・・・。 ちょっと余裕をもって、来年にしようかな、と・・・」 坂庭:「へー。まぁ、自分の人生だからね。 いつから、勉強するかは任せるけど。」 と、こんなやり取りをしていました。 その矢先に、マニュアル作成者の石井浩一が 私の地元の群馬に来ました。 仕事が終わったので、そのまま石井を駅まで 送り、別れる予定でしたが、せっかくですから、 Kさんをご紹介したわけです。 Kさん:「石井先生!是非、3人で一緒に 写真を撮ってください!!」 石井:「はい、いいですよ(笑)」 こんな感じで、私と3人で記念写真を撮りました。 その後、こんなやり取りをしました。 坂庭:「え~っと、Kさんは、来年の受験だから、 合格証が届いて開業できるのは、再来年ということかぁ~」 石井:「えっ?来年の合格を目指すんですか?」 Kさん:「あっ、はい・・・」 石井:「受験回数は、初めてですか?」 Kさん:「いえ、以前、受けたことがあります(照)」 石井:「だとしたら、今からでも今年の合格は 狙えますよ」 Kさん:「えっ、本当ですか!?」 石井:「はい。私の場合、どうして147日だったかと いうと、毎日、14時間半も働く残業サラリーマン だったからです。 それでも、独学で一発合格しましたからね。 まして、受験回数が2回以上の方でしたら、 今からでも、今年の試験にじゅうぶん間に合いますよ(笑)」 Kさん:「本当ですか!?はい、じゃぁ、私も 今年の合格を目指して、頑張ります!」 坂庭:「そうすれば、来年の今頃は、行政書士として 開業してバリバリ稼げるでしょ?(笑)」 Kさん:「はい、坂庭先生、石井先生、ありがとうございます!」 と。 こんなやり取りをしました。 完全に私の狙い通りですが(笑) タイミング的にも石井を紹介で来て 良かったですね。 何が言いたいかというと、今からでも じゅうぶん、今年の合格は狙える、 ということです。 石井の場合、 ×一日14時間半の残業サラリーマン ×休日出勤当たり前 ×机に向かって勉強する時間がほとんどない ×「憲法って法律ですか?」というレベルからのスタート ×まったくの独学 ×初めての受験 これだけの「悪条件」でしたから、147日も かかってしまった、というだけの話です。 今後はマニュアルを活用して合格した 受験生には、最短何日で受かったか、 聞いてみようと思います。 それくらい、今からでも、今年の合格が 狙える、ということですよ。 正直、同じ勉強を今から1年半ちかく ずーっと続けるのって、苦痛ですよ。 あなたは、耐えられます? 私は無理です(苦笑) 初めての受験でも次のようなケースでしたら 今からでも今年の試験で合格できるでしょう。 ◎毎日、2時間程度の勉強時間が確保できる ◎土日のいずれかは、まとまった時間がとれる 通信やスクールを活用してれば、その 教材を使えばいいですし、もちろん、 まったくの独学でも市販のテキストで合格できます。 あとは、やはり、「気持ち」の問題でしょうね。 私は精神論は嫌いですが、それでも、「絶対に 受かりたい!」という方は、数ヶ月でも 受かってしまいます。 あなた、行政書士になりたかったら、 必ず、今年の合格を目指してください。 必ず、です。 それが、今からのスタートであっても、です。 マニュアルを活用すれば、それが可能です。 マニュアルのご購入はこちらから↓ 行政書士試験に147日で独学一発合格した方法 では。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME