平成25年度の行政書士試験で合格するためには、「じっと耐えること」も大切です。

平成25年度の行政書士試験で合格するためには、「じっと耐えること」も大切です。

こんばんは。 行政書士の石井浩一です。 すでに平成25年度の行政書士試験まで 4ヶ月を切りましたが、 徐々に焦りが見えてきているのでは ないでしょうか? 「過去問を解いてもなかなか正解に結びつかない」 「予想問題集で合格ラインに達しない」 など今まで勉強してきたことが得点に結びつかず、 だんだんと不安が大きくなっている人も多いでしょう。 確かに、いくら勉強を重ねても、 なかなか点数にならないと、 「本当に受かるんだろうか」と疑心暗鬼になりかねません。 しかし、ここでひとつ覚えていただきたいのは、 「得点が伸びてくるのは勉強の最終段階だ」ということです。 植物の種をまいて、根が伸びて芽を出し茎がのび、 つぼみができて花が咲くように、 行政書士試験も成長していく段階があるのです。 最初から花が咲くわけではないのです。 テキストと問題集を繰り返し実践して、 そして新たな問題集に挑戦していく先に、 花が咲くのです。 過去の行政書士試験の合格者も、 本当に得点が伸びたのは秋以降です。 9月、10月に入ってから 合格点を取れるようになったという人が ほとんどです。 ですから、今の段階ではあまり心配をせずにコツコツと 計画通りに勉強を続けていくことが大切です。 自分を信じて、一歩ずつ進んでいきましょう。 石井

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME