行政書士試験のアウトプットはしていますか?

行政書士試験のアウトプットはしていますか?

こんにちは。 行政書士の坂庭です。 いよいよ、8月の下旬に差し掛かりました。 勉強は順調ですか? 小さいお子さんがいるご家庭では、どうしても、 夏休みはペースが乱れ、思うように勉強が進まず、 イライラして、ストレスにもなりますよね・・・ いくら、子供のせい、学校のせい、夏休みのせい、 協力してくれない家族のせいにしても、時間は 待ってくれません。 平成25年度の行政書士試験まで、あと80日です。 行政書士試験にわずか147日で独学一発合格する方法 この80日は、誰にも平等です。 「あと80日しかない」と思うのも、自由です。 「まだ、80にもある」と思うのも、自由です。 すべては、あなたの判断ですから。 前回も解説しましたが、「ちょっと、ひねられると 解けない」という状況では、本試験ではとても 太刀打ちできません。 これまでは、ひたすら、「インプット」の段階でしたが、 これからは、「別の角度から問われても解ける」 という状況にもっていくために、「アウトプット」に 比重を移してください。 まぁ、そんな話は、毎月、しているんですが(笑) 「アウトプットは直前期にするものだ」 「予想問題集は10月までとっておこう」 「10月まではインプットに専念しよう」 こうやっている受験生は、10月になって、 真っ青になります。 なぜなら、それでは手遅れだからです。 あなたも、すぐにでも、アウトプットを おこない、弱点を補強しながら、進めましょう。 ここからは、「とにかく、1問でも多く 問題を解く」という意識で解きまくってください。 すでにインプットが終わっているにも関わらず、 思うように問題が解けずに愕然としていたら、 こちらのマニュアルを今すぐにでも活用してください↓ 行政書士試験にわずか147日で独学一発合格する方法 アウトプットの方法を変えるだけで、 今年度の試験に合格できてしまいます。 では。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME