平成26年度行政書士試験にむけて

平成26年度行政書士試験にむけて

こんばんは。 行政書士の石井浩一です。 平成25年度行政書士試験が終了して、 1ヶ月が経ちました。 再スタートを切った受験生の方々からいただく メールも返信するのが大変なくらい増えてきました。 また、来年初めて行政書士試験を受ける受験生からの ご相談も数多くいただいています。 まだ平成26年度版の市販書籍が発売されていないため、 今のところは復習中心の方が多いようですが、 実はこの時期にきちんと知識を整理しておくことが、 来年度に向けて重要だったりします。 今のうちに苦手科目やよく理解できていない個所を 学んでおくだけでも、来年度のスタートダッシュが 大きく変わってくるのです。 新しいテキストや問題集が手元に届くと、 どうしても勉強は前のめりになります。 どんどん先へ進みたくなります。 これは仕方のないことでもあり、 また必要なことでもありますが、 それと同時に「じっくり見直す時期」も重要なのです。 それが「今」なのです。 本来は行政書士試験の直前にやるべきことなのですが、 不合格になったということは、 おそらくその時間が充分にとれなかった、 ということでもあるでしょう。 行政書士試験の直前期にできなかったこと、 それをおこなうのが「今」なのです。 1月に入ると新テキストも書店に並ぶでしょう。 その前に、「理解できていなかったこと」をしっかりと 学び直すようにしてください。 年内にそれができれば、 来年は合格への一本道が開けるはずです。

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME