体調が悪くてもできる行政書士試験勉強法

体調が悪くてもできる行政書士試験勉強法

こんにちは。 行政書士の石井浩一です。 新年も明けましたので、 いよいよ行政書士試験の勉強にも 身がはいってきたことと思います。 私は正月が明けて、さぁ仕事を始めようと思った矢先 B型インフルエンザにかかり1週間ほど寝込んでいました。 もうだいぶ体調も戻りましたが、 1週間ベッドの中で過ごすのはつらかったですねぇ。 合間合間に仕事をしていましたが、 考えたり、判断したりする業務は頭が働かず、 もっぱら山のように溜まった事務所の伝票を整理していました。 さて、行政書士試験受験生のあなたも、 病気で体調の悪いとき、仕事で疲れたときなどあることでしょう。 そんなときは、毎日の勉強と分けて考える必要があります。 「新しいことを覚えよう」「難しい問題に挑戦しよう」としても、 本調子でない時はうまくいきません。 そんなときは、 「単純作業」「暗記もの」「既にやったことのあるところの復習」 などをやると良いでしょう。 「分からない法律用語を調べておく」 「気になる数字を覚える」 「今までやったきたテキストの復習」 「解いたことのある問題集を再度解く」 こういった作業をおこなうことをお勧めします。 これからインフルエンザやノロウィルスなど様々な病気が 益々流行しますから、健康に気をつけて頑張りましょう。 石井

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME