行政書士は稼げるのか?

行政書士は稼げるのか?

こんにちは。 行政書士の坂庭です。 受験生から、「行政書士って、稼げるんですか?」 というご質問をいただきます。 もちろん、「稼げるか、どうか」は重要なポイントでしょう。 でも、稼げるからといって、興味も関心も無い 仕事ってできますか? 私は無理ですね。 「稼げるか、どうか」も重要ですが、それ以上に、 「その仕事をしたいか、どうか」だと私は思っています。 と言ったところで、キレイごとにしか 聞こえないでしょうから。 実際にいただいたご質問とあわせて、 私からの回答をご紹介します↓
— Mさん こんにちは。 行政書士の坂庭です。 熱心なご相談、誠にありがとうございます。 >【受験回数】: 今年が初めて 今年が初めて、ということですね。 >【ご意見・ご感想・ご質問】: >Mと申します。 >縁あって、先生のページにたどり着きました。 >以下長文の質問どうぞお許しください。 拝見しました。 回答に必要な個所だけ引用させて いただきます。 >しかしいかんせん勤務しながらのため、そばに先生がいて、 >最短の道を教えてくれるわけではありません。 >(最近の学習教材は良書が多いと思いますが) そうですね。 お仕事の都合やご家庭の事情で、 スクールなどに通える方ばかりでは ありませんからね。 >サイトを拝読しましたところ、生活パターンによって >勉強方法を変える必要があるとのことでしたので、ぜ >ひアドバイスをいただき、もちろんお金はかかりますが、自分のこ >れからを今の境遇から逃げることなくできれば、とても有効な投資 >だろうと思い、意を決してメールを差し上げた次第です。 厳密にいうと「生活パターンによって勉強方法を 変える」のではなく、 「生活パターンに応じた、勉強スタイルを 確立する必要がある」ということになります。 効率の良い勉強法は、変わりませんので 誤解のないようにお願いします。 その一方、 一口に、 ・専業主婦 ・サラリーマン ・学生 といっても、お子さんの年齢や、 残業の有無、バイトの有無によって、 一日に使える時間も違えば、使える時間帯も 違ってきます。 また、予算や、生活サイクル、ご本人の希望、 向き不向きによって、 ・通信 ・通学 ・独学 などの勉強形態も異なってきます。 そこで、効率の良い勉強そのものは 変わりませんが、予算や、各自の生活パターンに応じて、 こちらで、最適な勉強スタイルをご提案しますよ、 というものです。 >そこでお伺いしたいのは、 >1)普段の生活パターンにあった勉強法について >どの程度アドバイスをいただけるか  マニュアルご購入後、専用フォームにて オリジナル勉強法といって、下記の内容をお聞きし、 個別のアドバイスをしています。 ・年齢 ・職業 ・お住まいの都道府県、市区町村 ・起床時間 ・就寝時間 ・通勤時間(通学時間) ・通勤方法(通学方法 ・会社の勤務時間 ・受験回数 ・上記で1回目以上の方は、前回受験時の得点を法令科目の択一式、記述式、一般知識 ・受験予定年度 ・家族構成 ・休日の過ごし方 ・資格スクールや通信を受けている場合にはその内容、受けていない場合には、検討している勉強形態 ・現在の勉強時間 ・現在、勉強している具体的な時間帯 ・その他、詳細 などをお聞きしています。 当然、詳しくご記入いただければ、それだけ、 詳しくアドバイスが出来ます。 >2)合格した後外国人業務の拡大可能性 >(必要ならば需要のあるところに引っ越そうと考えています)は >どの程度なのか。を是非購入前にお伺いしたく存じます。 >貴重な時間をいただきありがとうございます。 >ご返事をお待ちしております。 > まず、「拡大可能性」というのは、一概には 言えません。 というのも、法改正によって、拡大することもあれば、 縮小することもあります。 極端な話、法律1つで儲かったり、潰れたりしますからね。 それに、拡大する可能性がある魅力的な業務であれば、 当然、同業者が多数参入してきますから。 そのため、「拡大可能性=稼げる」と思わない方が 良いでしょう。 それよりも、「ニーズがあるニッチな業務」を 自力で開拓するスキルを磨く必要があります。 また、「引っ越す」とのことですが、正直、 現実的とは思えません。 稼げる業務を見つけて参入しても稼げなかったり、 稼げなくなったら、また、別の業務のために、 引っ越しますか? 今は、ITの時代です。 どこにいても、日本国内はもちろん、海外にいる 見込み客にもアプローチできます。 むしろ、 「どうしたら、この業務をネットだけで完結できるか?」に 全神経を集中した方が良いでしょう。 実際に、私はネットだけで稼いできましたから。 つまり、 ◎ニッチな業務を自力で開拓するスキル ◎ネットを活用して集客するスキル この2つを身につけてしまえば、どこにいても いくらでも稼げます。 これらのスキルのことをマーケティングといいます。 マーケティングは科学です。 「科学」というのは、誰がやっても、同じ成果が 得られることをいいます。 行政書士の扱える書類の数は数千~1万種類以上とも 言われています。 マーケティングさえ、しっかりと身につけてしまえば、 何をどうやって稼げますのでご安心ください。 それよりも、まずは、資格を取ることです。 一歩踏み出せない受験生に限って、開業後のことを あれこれと心配し、 結局、 何年も同じ生活を送り、人生を切り開けないまま、 いろいろな資格や仕事に目移りし、フラフラしてしまいます。 そのため、私は基本的には受験生には開業後の アドバイスはしておりません。 どうか、ご理解ください。 合格後は、開業のアドバイスやマーケティングも 教えています。 合格したら、是非、そちらの情報でスキルを身につけ、 稼いでください。 どうやっても稼げますから。 安心して、今は、勉強に専念し、最短で受かることだけ 考えましょう。 ご相談、ありがとうございました。 坂庭 — 以上です。 あなたも、是非、安心して、今は 勉強に専念してください。 これだけ業務範囲が広ければ、どうやったって 稼げますから。 独学でも一発合格する行政書士試験勉強法


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME