行政書士試験で短期合格を狙うなら独学しかありません。

行政書士試験で短期合格を狙うなら独学しかありません。

こんにちは、坂庭です。 今回は、電子書籍を入手してくださった方から ご相談をいただきましたので、坂庭の回答と あわせてご紹介します。 来年度の合格を目指す方のようですが、 今年度の合格にも通じる部分がありますので。 是非、ご覧ください。 ↓↓↓ ここから ↓↓↓
Kさん こんにちは。 行政書士の坂庭です。 この度は電子書籍のお申し込みならびに 熱心なご相談誠にありがとうございます。 >来年の行政書士試験を受験するために今年の7月から独学で勉強し >ています。しかし独学ながら試験に合格するのが大変不安です。 電子書籍にも書きましたが、短期合格なら、 独学の方がよいですよ。 というよりも、短期合格したいのであれば、 独学しかありません。 >1.独学ですとだいたいどの程度勉強時間をとればよいのでしょうか。 このあたりは電子書籍にも書きましたので、 ご覧ください。 >2.判例や問題演習ではテキストに掲載されていない分野からの出題 >も多数存在します。どの程度まで学習すれば宜しいでしょうか。 まず、基本書レベルです。 時々、 「過去問を解いてから基本書で勉強しています」ですとか、 「判例集をテキスト代わりに使っています」という 受験生がいますが。 残念ながら、受かりません。 まずは基本書をしっかりと理解し、関連して 出てきた判例の意図を汲み取ること、です。 「判例」を「単なる事件」や「ストーリー」として 丸暗記するのも危険です。 「この判例があることの意味」を理解することが 重要です。 「なぜ、この判例があるのか?」 「この判例がなかったら、どうなるのか?」 ここが重要です。 また、正直、直前期の予想問題集や 公開模擬試験に至っても、「見たことがない問題」には 必ずといっていいほど、遭遇します。 まずは、基本書です。 問題の解けない受験生に限って、重箱の隅を つつくような判例やマニアックな問題まで 頭に叩き込もうとしてしまいます。 他の受験生が解けない、難問・奇問は 解ける必要はありませんので。 それよりも、重要なのは、他の受験生が得点している 問題を自分もしっかりと得点する、ということです。 他の受験生が得点している問題を取りこぼさずに、 しっかりと解ければ、合格ラインは超えますので。 このあたりは、「満点をとろうとしない」 「合格ラインを突破しさえすればいい」と 割り切って、効率の良い勉強を意識することです。 >3.民法の学習は事例も多く大変ですが具体的な勉強方法はあります >でしょうか。 まず、しっかりと基本書レベルで学習することです。 テキストの選び方なども、電子書籍で解説してありますし、 具体的な勉強法も記載してあります。 せっかく入手されましたので、まずは、そちらに 穴が開くほど、じっくりと読み、行動に移し、 実践してください。 >4.平成27年受験を一発合格を目指しています。今から充分に間に合 >うでしょうか。 充分間に合います。 行政書士試験は半年~1年で独学でも一発合格できる 資格です。 それを考えれば、丸1年以上勉強できるわけですから。 もし、それで受からなければ、どこか、勉強のやり方が 間違っていた、ということになります。 そうならないためにも。 お手元にある電子書籍を繰り返し、繰り返し、 お読みいただき、すぐに実践してください。 「すぐに実践できること」しか書いてありませんので。 むしろ、実践しなければ、まったく意味がありません。 読んで満足するのではなく、読んだら1つづつ、 しっかりと実践してください。 ところで。 今回、いただいたご相談を拝見する限り、 「今年の7月から独学で勉強しています。」との ことですが。 まだ、ほとんど学習が進んでいないのではないでしょうか? 基本書の選び方から、具体的な勉強方法まで、 電子書籍の中で解説してあります。 また、2つの特典もついていますので、 そちらもあわせてご活用ください。 今から勉強のやり方さえ、間違えなければ、 独学でも余裕の一発合格が果たせるはずですので。 それでは、よろしくお願いします。 ありがとうございました。 坂庭 ↑↑↑ ここまで ↑↑↑ あなたも、興味をお持ちでしたら、ご確認ください。 電子書籍『現役行政書士がズバリ回答! あなたが行政書士試験に受からない30の理由』 では。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME