行政書士試験への近道、それは正しい姿勢で勉強する!

行政書士試験への近道、それは正しい姿勢で勉強する!

勉強の基本は何ですか?と聞かれたら、
わたしは「正しい姿勢で勉強する」と答えます。

「小学生じゃあるまいし・・・」と思ったあなた、
小学生じゃないから、言うのです。

あなたが小学生なら、学校の先生や親が
「○○君、猫背になってますよ。
背筋をキチンと伸ばしましょうね。」

「○○ちゃん、目が近すぎますよ。
30cm離して本を読みましょうね。」と
注意してくれます。

ところが、いい年した大人に、そんな
ことを指摘してくれる人はいませんよね?

実は、わたしは自分で懲りているので、こんな
話をするのです。

今でも忘れられません。
行政書士の試験勉強を始めて3日後、
わたしはベッドから起きられなくなりました。

なぜか?

腰を痛めたのです(苦笑)

当時サラリーマンだったわたしは机を
使う習慣がなくなっていたので、
机の上にノートパソコンを設置し、
その脇には雑誌を積んでいました。

そのためいざ勉強をしようとしても
スペースが無かったんですね。

そこで急きょ収納から引っ張り出してきた
ちゃぼ台を雑巾で拭き、「ぬ゛ぉ?!」と
気合を入れて勉強を始めたのです。

ところが大学受験以来、勉強らしい勉強も
していない人間が、ちゃぼ台にテキストを
広げ、猫背で長時間座っていたために
腰に負担がかかったようです。

効果はテキメンでしたね(^^;
3日後には本当にベッドから起きられなく
なったんです!

その後、しばらくは病院に通いましたが、
腰が痛くて勉強に集中できませんでした。
また、通院の時間もロスになりましたしね、、、。

幸い腰は治りましたが、「これが直前期で
なくて本当に良かった」としみじみ思いました。

もし、試験の1ヶ月前に腰を痛めて
机に向かうことが出来なかったら、
精神的にも相当焦ったはずです。

「今回の試験はダメかもしれない・・・」
そう思った瞬間に緊張の糸は切れます。

そして、「ダメだった時の言い訳」を
探し始めます。これが弱い人間の特徴です。


結局わたしの場合、腰痛のベルトを締めて
机で勉強することにしました。


あまりにも基本的すぎてバカみたいな
話ですが、「ふ~ん、背筋を伸ばして
勉強すればいいんだな」と思わないで
ください。

これは健康管理の問題でもあるんです。
ストレス発散に適度のスポーツも構いません。

でも、直前期に入ったら激しいスポーツや
危険な乗り物は避けるなどの、「予防」も
必要なのです。

万一、「直前に足の骨でも折って入院」
なんてことになったらシャレになりません。
1年に1度しかチャンスがない試験で、
後悔したくないですよね?

「骨折さえしなければ、受かってたはず」なんて
かっこ悪い言い訳はしないでくださいよ!

「肩こり」「腰痛」など、姿勢を正すことで
改善できることはたくさんあります。

試験当日までモチベーションを維持できる
ように、是非、今からでも健康管理して
くださいね!

■ 今日の鉄則 ⇒ 勉強は正しい姿勢でするべし!



PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME