毎日は、いつだって、一度きりのステージだ。

毎日は、いつだって、一度きりのステージだ。

開演前の控え室。 メンバーと円陣を組む。 すでに会場から、観客の声援が聴こえてくる。 「俺たちが、このライブを楽しむことだ。 俺たちが楽しめなかったら、観客のみんなを楽しませることなんて出来ない。 楽しんで、今夜は最高のライブにしようぜ」 「おーっ!」 眩しいほど輝くステージに、メンバーと飛び出す…
ここで目が覚めた。 どうやら、ロックバンドのボーカルで、リーダーの夢だったらしい。 あの瞬間のプレッシャーたるや、目が覚めた今でもドキドキする。 「夢で良かった」 「ロックスターじゃなくて良かった」 「一般人が一番」 目が覚めた今、心底、思う。 (負け惜しみか 笑) でも、人生も同じ。 自分が楽しめなかったら、周りを楽しませることなんて出来ない。 自分が輝けなかったら、周りを輝かせることなんて出来ない。 まずは、自分が楽しむこと。 自分が輝くこと。 毎日は、いつだって、一度きりのステージ。 人生はその連続だ。 お互いに輝き続けよう。 そして、照らし続けよう。 STAY GOLD 行政書士試験に短期合格する勉強法


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME