行政書士を目指す受験生からのメールに目を疑いました。

行政書士を目指す受験生からのメールに目を疑いました。

世間はGWですね。 私はというと、どこにいっても混んでいるので、 地元で山登りをし、あとは、スケートボードで 子供と連日遊んでいます。 あえてお金を払って、混んでいる場所へいく 理由が分かりません。 空いている地元の山に登り、下りてきたら、 スケボーです。 お金もかからず、楽しめる。 最高ですね。 自営業になると、平日でも休みたいときに 休み、行きたいところへ行けます。 ショッピングモールやレジャー施設などは、 空いている平日の昼間に行くものですね。 週末なんて、車は止められないわ、 飲食店はどこも満席で座れないわ。 駐車場に入るまでに渋滞し、 昼食を食べるのに席の確保で 東奔西走し。 もう、地獄ですよ(苦笑) 家族と過ごす週末に1日、そのほかに 平日に休みを1日とり、仕事は午後の3時まで、 と決めています。 自分の休日くらい、自分で決めて、 自由に過ごせる生活を送りましょう。 さて。 先日、このような驚くべきメールをいただきました。 私からの回答と合わせてご紹介します。
— >行政書士試験について何か役に立つ情報が見つかればと思って、 >メールを申し込んだのです。 > >そんな高額の教材の購入を勧めるメールを送りつけるのなら、 >今後一切、メールを送ってくることは、固くお断りいたします。 > >25万円以上も出さなきゃ勉強出来ないとは、本当に、 >驚き以外の何者でもないですね。 > >重ねて申します。 >今後、メールは、固くお断りいたします。 こんにちは、行政書士の坂庭です。 ご連絡、ありがとうございます。 「25万円以上も出さなきゃ勉強できない」とは、 どこをご覧いただき、そうご判断なさったのでしょうか? 私たちがご提供している勉強法は独学でも 短期合格できるマニュアルとして3万2000円(税別)と なっております。 「今、そのマニュアルをご購入いただくと、 25万2000円分の特典を差し上げています」、 という意味です。 誤解があるようですが、そのように誤解された 受験生に「そんな高額の教材の購入を勧めるメールを送りつけるのなら、 今後 一切、メールを送ってくることは、固くお断りいたします。」 と言われるのも心外です。 また、そのように解釈するような読解力の方が 合格率1ケタの行政書士試験に受かるのかも疑問です。 メルマガはこちらで配信停止させていただきます。 ありがとうございました。 坂庭 — という、やり取りです。 まるで、高額な壺を売りつける、 悪徳業者のような扱いですね(苦笑) まぁ、スクールを活用すれば、25万円なんて、 決して驚く金額ではありませんが。 それでも受かる保証はありませんし、むしろ、 有名通信講座や大手資格スクールで受験地獄に 陥っている方が多いです。 なにせ、合格率が10%未満ということは、 残りの90%が不合格ということですから。 その点、私たちは、独学で短期合格する勉強法を 3万2000円(税別)で販売しています。 その特典として25万2000円分の サービスをご提供していますよ、という話です。 どこをどう読むと、「25万円以上も出さなきゃ勉強出来ない」と 解釈できるのか? 不思議でたまりませんが(笑) ま、そのような方が「不合格の90%」に 入っているんですが。 読解力の無い方は決してマニュアルを購入しないでください。 受験生とつまらないトラブルを起こしたくありませんし、 そのような方を相手にしている暇もありませんので。 日本語と数字が理解できる方だけ買ってください。 平成27年度の本試験に対応した、 最新のマニュルのご購入はこちらから↓ 行政書士試験短期合格勉強法 今なら合格返金保証がつき、合計、 25万2000円分の特典付き、です。 それで、今年度の試験で合格でき、来年は 独立起業して稼げれば、安すぎます。 ●市販のテキストでも独学で合格可能 ●開業後は数千~1万種類以上も取り扱いが可能な資格 ●年収1000万円も可能 ●脱サラして自由な生活が手に入り ●一生、自力で稼ぎ続けることができる というのに。 もし、それでも「3万2000円が高い」というのであれば、 まず、短期合格も独立起業もムリでしょうね。 せいぜい、今の生活で我慢してください。 ×3年も、5年も、10年も受験地獄から抜け出せなかった人 ×通信でも通学でも不合格続きだった人 ×毎年、足切りで悔しい思いをしてきた人 ×家のローンと家族を抱えてリストラされた人 ×夫のDVやモラハラに耐えてきた人 ×シングルで仕事を掛け持ちしていた人 ×上司のパワハラに必死に耐えてきた人 みなさん、マニュアルを購入した年に合格し、 翌年には行政書士になっています。 あなたは、「3万2000円を高い」と思って、 今の生活を来年も再来年も続けますか? それとも、今、ここで自己投資して来年は行政書士に なっていたいですか? それを決めるのは私ではありません。 あなた自身です。 行政書士試験短期合格マニュアル


PAGE TOP





MENU

CONTACT
HOME