勉強がなかなか進みません・・・

勉強がなかなか進みません・・・

こんにちは。 最近、中学時代の友人や先生にバッタリ 会う機会が増えている坂庭です。 「行政書士」という仕事を説明するのは 少々、厄介です。 そこで、「仕事は何をしているの?」と聞かれると 面倒なので「オレオレ系」とか「振り込め系」と 答えています。 誰も信じてくれませんが(笑) さて、今日の本題に入りましょう。 「勉強が思うように進みません・・・」 最近、非常に多くいただくご相談です。 具体的にお聞きすると、「初めての勉強なので 専門用語が難しく、なかなか進まない」と。 しかも、「一度勉強した科目も、少し進んで 振り返ると、スッカリ忘れている」というわけです。 そんな状況から、「振り返って勉強し直した方が いいのか?それとも、どんどん進んだ方がいいのか?」と 悩む受験生が多いようです。 結論から言ってしまうと、どんどん進んでください。 まず、一般知識は9月からの勉強で十分間に合います。 詳細はこちらを参考にしてください。 行政書士試験一発合格マニュアル 今の時期は法令科目を中心にインプットをするわけですが、 例えば憲法が終わって民法に入っても、ふと、憲法を 振り返ると「あれ、こんな勉強したっけ?」 「スッカリ忘れている・・・」ということは よくあることでしょう。 振り返って勉強したい気持ちを「ぐっ」とこらえて 今は、とにかく、基本書を一通り勉強することに 専念してください。 というのも、その都度、振り返っていては、 9月までに法令科目のインプットが終わらず、 直前期で一般知識にまで手が回らなくなってしまうからです。 しかも、1つの法令科目をつついていては、 それこそ「木を見て森を見ず」ですから、 行政書士試験の全体像が把握できません。 これでは、森の中で迷ってしまい、抜け出せなく なってしまいますよ。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 早い段階で「全体像を把握する」のが重要なんです。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ もちろん、1つ1つ丁寧に理解しながら進めることも 大事ですが、今の段階では「完璧に理解してから 次へ進もう」と思わないこと。 実際に私も1ページ進むのに膨大な時間をかけて いました。 それでも、理解できない箇所に付箋紙を何枚も つけていたので、1通り基本書を終えたころには 短冊状態です(苦笑) 全てのページに何枚も何枚も付箋紙が・・・。 それはそうですよ、分からない個所の方が 多いわけですからね。 ところが、2回目に差し掛かると、1回目には 理解できていなかった個所も、すんなりと 理解し、進めるようになってきます。 これは、1通り全体を通して勉強することで ある程度、法律用語に慣れてきたということも ありますが、法律的な思考が徐々に身について くるからです。 見開きだけで何も貼っていた付箋紙が 基本書の2回目になると、どんどん、はがせる ようになっていきました。 これは快感でしたね(笑) そのような理由から、次のことを意識してください。 ●この時期は、振り返らず、どんどん進める。 ●あまり神経質にならず、分からない個所が あっても、とりあえず次へ進む。 そうすることで、法令科目の全体像を把握できます。 この「全体像を把握する」ということが重要なんですね。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ いかに早い段階で、全体像を把握できるかが 今の時期では重要なポイントになってきます。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ちなみに、私がご提供しているマニュアルでは、 ある方法を使って、【たった一日】で行政書士の勉強を 終わりにします(笑) インプットの方法が画期的ですので、 全体像を把握するスピードが圧倒的に 違いますから、サクサク勉強を進めたい方には お勧めですね。 もし、あなたが「なかなか勉強が進まない」という 問題を抱えていたら、是非、こちらを活用してみてください。 行政書士試験一発合格マニュアル 今月中にマニュアルをご購入の方には さらに追加特典として、「早起きが苦手な方でも 朝型の生活に切り替える秘訣」(音声ファイル)も プレゼントします。 詳細はこちらをご覧ください↓ 5月の追加特典 それでは、次回またお会いしましょう。 坂庭


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME