行政書士試験で”奇跡”を起こす方法

行政書士試験で”奇跡”を起こす方法

こんにちは。 先日、”奇跡を起こした”坂庭です(笑) 先週の土曜日は私のご提供しているマニュアルの ご購入者さまの中から3名をお呼びして、無料の 個別コンサルティングを実施しました。 その時の様子はまた後日お伝えしますが、 当日の朝、こんなハプニングが起きまして・・・。 お一人目のコンサルティングは午前10時から。 マニュアル作成者の石井氏との待ち合わせは 午前9時に都内某所の会議室にて。 午前9時に現場に到着するために、私は 朝7時46分の新幹線に乗る必要がありました。 私は高崎駅から新幹線に乗ります。 実際に新幹線のホームにたどり着くまでには 下記の流れがあります。 — 前橋の自宅から高崎駅までは車で約40分。 自宅から車で出発し、高崎駅周辺のパーキングに 車を駐車する。 車を駐車したら、駅まで約300mほど徒歩で移動する。 駅まで着いたら階段を上り、乗車券を窓口で購入する。 乗車券を購入したら改札を通過する。 次に、新幹線の改札口まで移動し、改札を通過する。 新幹線の改札を通過したら、階段を上り、 ホームまで徒歩で移動する。 — ざっと、こんな流れがあります。 ところが、高崎駅へ車で向かっている間に、すでに どう頑張っても間に合いそうになくなってきました。 そして、とうとう、駅周辺のパーキングに 着いたころには、あろうことか7時45分。 そうです、新幹線が発車する【1分前】です(苦笑) そこから、駅まで走り、階段を駆け上がって 改札を2つ通過し、新幹線のホームまで走る 必要があります。 どう頑張っても間に合わない時間ですよ。 間に合うわけがない(苦笑) パーキングに着いた時点で、 「あぁ、無理だな」と正直、思いました。 「石井氏になんて言い訳をしようか」と 一瞬、思いました。 でも、考えてみてください。 普段、受験生に「言い訳をするな」 「最後まで諦めるな」と言っている私が、 途中で諦めて言い訳をするなんて シャレになりません。 しかも、新幹線を1本乗り過ごすと、 現場に到着するまでに30分のロスが 生じます。 打ち合わせに30分しか時間が取れなければ、 コンサルティングのためにお越しになる受験生の アドバイスに支障が出るかもしれない・・・。 「ぬ゛ぅおーーーーーーーーーーーーーーーー!」 と、気合を入れて、猛然と走りだしました。 少し前にハードなスポーツをしたために 痛めた左ひざをひきずるように走ったんです。 駅まで約300m。 なにせ、新幹線が発車する1分前ですからね。 もう、言い訳を考えたり、「次の新幹線は 何時かな?」なんて考えている余裕もありません。 それこそ、死ぬ気で走り続けましたよ。 スーツも汗だくになり、階段を一気に駆け上がり、 駅の構内へ・・・。 そこで、目にした時計の時刻は、なんと・・・ 「7時43分」 「あれ!?間に合ってる(驚)」 そうです。 なぜか間に合っていました。 どうやら、私の腕時計が3分ほど進んでいたようです(笑) 別に、日頃から「3分前行動」を意識して、 時計の針を進めておいたわけではありません。 もちろん、まだ新幹線に乗れたわけでは ありませんが(苦笑) 「あれ!?間に合ってる!」と気づいて、さらに、 改札を2つ通過して、エスカレーターを使わずに、 そのまま、新幹線のホームへ駆け上がりました。 まさにギリギリセーフ。 ホームに着いたころ、新幹線が入ってきました。 そこにきて、湿布をしていた左ひざの痛みが復活(苦笑) いやー、まさに奇跡。 結果として、都内在住の石井氏より 私の方が先に現場に着きました(笑) ここで何が言いたいか? 「最後まで諦めない」ということです。 — 補足すると、「奇跡を起こす」までには、 いくつかの要因がありました。 まず、乗車券を数日前に買っておいたこと。 普段なら、当日、駅に着いてから「みどりの窓口」に 並んで買っていますが、今回はたまたま事前に チケットを購入していました。 何せ、午前9時に都内某所に行く必要があったので、 事前に買っておいた方が安心だと思ったからですね。 次に、高崎駅へ向かう途中に「もうどうやっても 間に合わない」と思っても、運転の気を抜かずに 駅へ向かい、普段駐車しているパーキングではなく、 「駅に最も近いパーキングを目指した」こと。 この時点ですでに私の腕時計は7時43分を 指していましたが、まだ諦めていませんでした。 車を停め終えたのが7時45分。 さすがに新幹線が発車する【1分前】ですからね。 普通なら諦めているでしょう。 しかも、左ひざには湿布ですよ(苦笑) 諦めてもおかしくありません。 それでも「言い訳を考えている時間」も もったいないですし、「次の新幹線は 何時かな?」と調べる時間ももったいない。 あの時は、「全力で走って間に合わなければ、 その時、考えればいい。とにかく、走って 駅まで向かおう」と決意しました。 そして、間に合わないと思った新幹線に、 まるで奇跡が起こったように乗れました。 でも、これは「奇跡が起きた」わけではなく、 「奇跡を起こした」んです。 ・事前にしっかりと準備をした ・最後まで諦めなかった これだけで、「もう、無理」 「どう頑張っても不可能」と思えた 奇跡を起こせたわけです。 ちなみに、「発明の天才」と呼ばれているエジソンは こんなことを言っています。 「発明とは99パーセントの汗と1パーセントのひらめきである」 と。 私は行政書士試験の勉強も同じだと思っています。 「合格とは99パーセントの努力と1パーセントの運」で あると。 99パーセントの努力をした者にだけ、 1パーセントの運で奇跡が起こる。 奇跡は「起きるもの」ではなく、「起こすもの」です。 行政書士試験は「運だけ」で受かるほど、 甘い試験ではありません。 「運」に頼って言い訳ばかりで努力しない 受験生に奇跡は起こりません。 — 受験当時、私は日頃から「試験終了のチャイムが鳴ると同時に 血ヘドを吐いて救急車で運ばれるくらい勉強しよう」と 決意して勉強に臨んでいました。 結果はどうであれ、後悔だけはしたくなったんです。 平成20年度の試験に一発合格を果たした村岡さんも、 「試験終了のチャイムが鳴り終わるまでペンを置かない」と 決意して日頃から勉強をしていたそうです。 下記に合格者の声として掲載した方です。 行政書士試験短期合格ノウハウ (村岡さんは今では行政書士の事務所で 補助者として働き、ご活躍なさっています。) 当然、「ガムシャラに効率の悪い勉強をした」わけではなく、 効率を意識して、本番に備え、しっかりと準備も していましたし、村岡さんの場合、「奇跡」ではなく、 受かるべくして受かっていますが(笑) いずれにしても、 ・事前にしっかりと準備をした ・最後まで諦めなかった この2つが合否の明暗を分けるといってもいいでしょう。 私はあなたに諦めてほしくないんです。 短ければ半年。正しい勉強法を実践すれば1年で受かるはずの 行政書士試験ですよ。 こんなペーパー試験に何年も遠回りをして 受験地獄に陥り、最終的には諦めてしまうような 人生を送ってほしくありません。 今年度の試験で奇跡を起こし、合格を果たしませんか? それには、 ・事前にしっかりと準備をすること ・最後まで諦めないこと です。 「言い訳」なんて、論外です。 もし、あなたが、私たちと一緒に 「事前にしっかりと準備」をし、「最後まで 諦めず」に、今年度の試験で奇跡を起こしたいと 思ったら、是非、マニュアルをご活用ください。 【残り281名様】を切りました。 6月の限定特典もチェックしてください。 行政書士試験短期合格ノウハウ また、これが最後の告知になりますが、 明日までに私のご提供しているマニュアルの ご注文・お支払いが完了すると、通常のオリジナル勉強法や メールサポート、6月の限定特典に加えて、さらに追加特典として 下記の2つをプレゼントしています。 【追加特典1】勉強をお休みする日や時間の設定の仕方について (音声ファイル:27分) 【追加特典2】「気持ちの切り替え方」について (音声ファイル:35分) いずれも、30分ちかくの坂庭と石井の対談音声になりますが、 かなり具体的で突っ込んだ話になっています。 それだけ、簡単に、今すぐに取り組める方法ですので、 実践しやすいでしょう。 もし、あなたも、勉強する時間の設定方法や 気持ちの切り替え方に悩んでいたら、是非、ご活用ください。 特典の詳細はこちらをクリックしてご確認ください↓ 特典の詳細 【残り281名様】を切りました。 6月の限定特典もチェックしてください。 行政書士試験短期合格ノウハウ 今月もお付き合いいただき、誠にありがとうございます。 来月もよろしくお願いします。 坂庭


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME