直前期対策

行政書士試験の直前期は、「今まで学習してきたことの復習」
「得点戦略」「各問題の時間配分・解く順番」など
総合的な対策が求められます。

「各問題の時間配分・解く順番」は特に重要で、
模擬試験・予想問題集を解く中で、「どの方法が
自分に最も合っているか」を常に探らなければなりません。

また、「180点をどう取るか」といった得点戦略を考える上で、
苦手科目・得意科目をそれぞれ分けて考える必要があります。

特に「行政法」は最も得点配分が高いため、得意科目とし
7割以上の正解率をあげられるようになると、
行政書士試験合格が見えてきます。

この時期になると、「学習開始時期に覚えた知識」や
「初期の頃に解いた問題」などは、すっかり忘れて
しまっていることも多いため、改めて復習しておくことも
行政書士試験に合格するためには欠かせない作業です。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME